人と未来グループでは、創業の念いの1つである「人を大事にする」の実現のため、“成長できる環境”を整え、どんな時代や境遇でも通用する力や、心の豊かさを育むことを目的として、様々な制度や取り組みを行っています。

 

同時に、企業文化として“メリハリ”を大事にしています。“働く環境”、遊び、休み、家族貢献を充実させることは、より大きな成果をあげる環境つくりと同義と考えています。

企業ならではの行事や他企業では体験できない取り組みを用意・企画してまいります。

 

成長できる環境メリハリ働く環境

 

成長できる環境

研修費用無制限制度

人と未来グループでは、教育投資は無制限と考えています。人事への申請が通れば、会社費用負担で就業中に希望の外部研修に参加することが可能です。それぞれのステージに適した推奨研修も提示しています。

> 関連ブログ: 予算は無制限! 人を大事にする会社の「学び」の制度7つ

 

評価シート/面談

「育成型人事評価制度」とし、成果だけではなく行動やスキルなどの評価を行い、継続的に育成させる仕組みです。人間力・仕事力の具体的行動項目を評価しデータ化することで、平等性を作っています。四半期に1度、面談によって自己評価と上司評価をします。

 

360度評価制度【ピーアンドエフ】

半年に1度ピーアンドエフで責任者に対して社員全員が評価を行う制度です。投票権は入社2年目以上の全社員で、投票結果は責任者人事の参考になりますが、全体の3分の2以上の票を集めると最高人事権になります。人事理念「人間力と仕事力の両面から人事を行う」に沿って一人一人が考えます。

> 関連ブログ: メンバーが社長を決める制度 「360度評価」が今年も行われます。

 

ポリシー9 360度評価【ジンジブ】

四半期に1度、ジンジブが提唱する「ポリシー9」の行動評価を従業員同士で行います。部署内・関連部署など1人投票相手を複数名指定し、5段階評価を行います。本人は各項目の集計の平均値のフィードバックを受け取り、評価面談にて強化振り返りを行います。

 

MOST POLICY溢れる PLAYER(MPP)表彰【ジンジブ】

その月に最も会社の社風創りに貢献した社員の名前、ジンジブが提唱する「ポリシー9」の中かから当てはまるポリシー、具体的なエピソードを添えて、月に1回、全社員で投票し発表する取り組みです。3ヶ月・年間の周期で最もエピソードを集めたメンバーに対して表彰も行います。
社風貢献に対する自分の価値を客観的に知れる機会となっています。

> 関連ブログ: 働きがいを感じられる!? ジンジブのMPP(MOST POLICY溢れる PLAYER)とは

J-Project【ジンジブ】

ジンジブでは全員の経営参画を目的として、希望を取り任期1年の社内プロジェクトに全員が参加しています。
「J-Style Project」は社風形成を目的としたプロジェクトで、社内制度や体制を考えます。「スーパーチューズデー」「ありがとうポスト」などが考案されました。
「J-Heart Project」会社を感動と愛でいっぱいにすることを目的としたプロジェクトで、社内イベントや周年の企画やメンバー誕生日のお祝いを考えています。イベント思い出アルバムサイトやお誕生日ブックなどさまざまな企画をしています。
「J-Learning Project」社内の知識・学びの向上を目的にしたプロジェクトで、社内教育の取り組みや社内研修を考えます。
「J-mama Project」ママの働きやすさの追求を目的とし、働き方の改革や、家族参加イベントの主催を企画します。

 

佐々木塾

半年に1回の代表取締役佐々木満秀主催の勉強会です。質疑応答形式で行われ、メンバーは現在抱えている悩みや課題を中心に質問し、佐々木代表の考え方や価値観、解決方法などを答えてもらいます。学びだけではなく、全員の前で悩みの共有を行うため、ガス抜きにもつながります。

> 関連ブログ: 東京『佐々木塾』開催しました。

 

教育ブログ「今日の一言」

佐々木がほぼ毎日書き続けている社内向けの教育ブログです。人生をより豊かに生きるための考え方、会社理念や方針、ビジネスの考え方、できる営業マンのポイントなどの観点から更新しています。

> 関連ブログ: 人と未来グループ代表の今日の一言

 

 

ハラワリ会議【ピーアンドエフ】

3ヶ月に1度、部署ごとに部署内の強み・良いところ・課題・問題・感じるところなどを共有する会議。改善策まで話し合い、5W2Hに落とし込みPDCAを回します。腹を割った後は、懇親会を開きコミュニケーションを深めます。

 

 

朝勉強会開催援助

勉強会を目的とした集まりには、カフェ代として1人300円の補助が出る制度です。

 

メリハリ

 

イベント委員会

会社ごとに社内イベントを企画する委員会を設けています。全体で集まる会議でのレクリエーション、旅行、拠点でのイベントごと、お誕生日などあらゆるイベントを企画します。任期は1年、責任者と選抜メンバーで構成しています。「メリハリ」の「遊び」部分を担当する委員会メンバーは、トコトン皆が楽しむ事を企画運営し、ホスピタリティを学ぶことができます。
ジンジブはJ-Heart Projectメンバーが担当しています。

> 関連ブログ: イベント委員会主催“サプライズ”BBQが開催されました。

 

 

社内報委員会 【ピーアンドエフ】

ピーアンドエフでは、社内報「人と未来」を発行する委員会を設けています。半年に1回の発行に合わせ社内4つのチームに分け、持ち回りで編集部となります。期末に社内投票で一番面白い社内報を決め、表彰しています。会社PRだけではなく、仕事のクオリティ向上や社内チームワークの向上につながっています。

> 関連ブログ: 元気な社員をつくる!委員会2つをご紹介!

 

 

褒めニケーション 【ジンジブ】

“お互いの長所について褒め合う”社内懇親会を3ヶ月に1度、会社費用負担で開催しています。5~6人のグループに分かれ実施し、ルールは“褒めるコミュニケーション”に徹底する事、叱咤激励はしない事の2つです。
人と未来グループでは“成長できる環境”がある反面、失敗やプレッシャーも多く感じます。職場を離れ “褒める”場面を意識的に作ることで、心の栄養や、新しいことへのチャレンジ精神や目標達成意欲につながると考えています。

> 関連ブログ: 恥ずかしいけど効果的面「褒めニケーション」実践編!

 

 

全体会議

年に1回期首にグループ全体で集まって開催する方針会議です。1日目は方針発表、グループ全体での懇親会、2日目はレクリエーションで、BBQや運動会など催し物が行われます。拠点や会社が離れた社員同士のコミュニケーションの場となります。

 

部活動支援制度

会社の認める公式部活動に対して、活動費として交通費や大会出場費などを補助します。現在の公式部活動は、ゴルフ部・野球部。

 

 

逆指名ランチ 【ジンジブ】

ランチをご馳走してもらえる権利が毎月数名に付与されます。この権利を獲得したメンバーは、ランチに行きたい幹部陣を逆指名し、ご馳走してもらうことができます。部署の垣根を越えて、コミュニケーションを取る機会を積極的に増やしたいという意図から生まれました。
※この権利が付与されなくても一緒にランチに行くことは勿論可能です。

 

 

シエスタ 【ジンジブ】

ちょっと息抜きしたい時、昼食後眠気が襲ってきた時にパフォーマンスを向上させるため「昼寝」ができる制度です。オフィスには専用のソファベッドを用意しています。短時間で集中して休息することで仕事を効率よく進めるために、メリハリを持って大切にしています。

> 関連ブログ: お昼寝制度「シエスタ」を導入しました!頭も心もスッキリで効率アップ

 

働く環境

早帰り無制限制度

時間労働ではなく、成果労働であると考えているため、定時に縛られることなく早帰りができる制度です。プライベートと仕事の両立の支援や生産性向上を考えるために実施しています。

 

自由8連休制度

入社2年目以上のメンバーを対象に、公休の大型連休以外の好きな週に有給休暇を連続して5日間取得することを推奨する制度です。公休と合わせ少なくとも8連休になります。

 

家族誕生日休暇

旦那様、奥様、子供など愛する家族の誕生日に有給休暇の取得を推奨する制度です。日ごろ家族から応援も頂いている感謝を返して欲しいと始まった取り組みです。

 

働くママ応援制度(フレックス勤務・産休・育休・復職制度)

 

時短勤務

結婚・出産・介護などにより定時勤務が難しい正社員である従業員に対し、時短勤務できる制度です。時間に関しては、各人の状況に応じ、各自会社と協議の上決めています。

 

休職制度

事情により、休職しなくてはならなくなった場合、3年以上勤務の社員は1年間の休職期間を設けています。

 

復職制度

会社が認める事情により、退職する場合、3年以上勤務の社員は3年以内であれば復職ができる制度です。

 

星野塾

人と未来グループに所属する女性メンバーを対象に半年に1回取締役の星野が主催するランチをしながらの女子会です。ランチ費用を会社が負担し、女性ならではの悩みや話を共有することで働くモチベーションを保ちます。

 

 

メンター/メンティー制度

新卒の新入社員には、部署の先輩とは別にメンターの担当をつけています。メンターは日々のコミュニケーションを取り、業務とは離れた立場で成長をサポートします。

 

ありがとうカード

社員に配布される感謝の一言を伝えるカードの取り組みです。半年に1度「ありがとう大賞」表彰では、最もありがとうカードを渡した枚数の多い社員が表彰されます。

> 関連ブログ: 「ありがとう」の気持ちを伝える「ありがとうカード」

 

 

ご意見箱

会社に改善提案・意見がある場合は、記名無記名自由に社内に設置されているご意見箱で提言ができます。提出された意見は責任者会議にて協議され可決された場合実現します。