トップ

お知らせ ジンジブ 2017年7月12日

高校生のための就活お役立ち情報・企業求人情報冊子 2018年卒向け「JOBドラフトBOOK版 本番直前号」配布開始



高校生のための就職求人サイト「JOBドラフト」を運営する株式会社ジンジブは、7月1日高卒向けの求人公開に合わせて、2018年卒向け「JOBドラフトBOOK版 本番直前号 ~高校生のための就職応援BOOK~」を発行いたしました。本冊子は4・7・9月に発行し全国の高校と生徒に配布します。「JOBドラフト」は毎年約18万人就職している高校生の未来と中小企業の採用力の向上を支援する、高校生採用に特化した求人サイト及び支援事業です。

 

 

<「JOBドラフト BOOK版」とは>

「JOBドラフト BOOK版」は、就活のお役立ち情報(就職活動のスケジュール・職業研究・履歴書の書き方・面接対策など)と、WEB版「JOBドラフト」の企業求人情報を掲載した、高校生向けの就活情報冊子です。2018年卒向けは、4・7・9月の計3回、全国の高校に向けて累計約25,000部の配布を予定しています。
本号では7月求人情報開示のタイミングで発行し、企業数を増やし、生徒に向けた配布にも対応しました。
全国5000校の就職課と、うち約290校から依頼で生徒配布用の合計8941冊送付しています。

 

<「JOBドラフト BOOK版」発行の背景>

高校生の就職活動は、学校での進路指導が中心です。
「JOBドラフト」では、充分に職業・企業を理解しないまま就職することは、就職後のミスマッチを生む原因のひとつだと考えています。高校生が自分の将来を見つめ、主体的に就職活動することが、離職率の軽減やキャリア形成につながると考えています。
「就活文化」の形成のため、WEBサイトでの求人情報の閲覧だけではなく、就活の基本や「JOBドラフト」の使い方を解説した「JOBドラフト BOOK版」を作成いたしました。
教員が本冊子を使い進路指導することを想定し説明しやすさを考慮しつつも、WEB版の使い方のページなど、高校生が自発的に企業研究できるように構成しています。

 

<高校生の就職活動と「JOBドラフト」が生まれた背景について> 

文部科学省発表の「平成28年度学校基本調査」によると、2016年3月卒高校生の卒業後の就職者数は約19万人(卒業者に占める割合は17.8%)で、これは大学卒の就職者約41万人の約半数の規模と言えます。

高校生の就職活動は、健全な学校教育を最優先かつ適正な就職の機会を与えるために、行政(厚生労働省・文部科学省)と学校組織、企業の三者間でルール化がされています。学校を通じて応募する厳格な採用フロー、応募解禁日の9月から一定の期日までは1人1社のみ受験する「1人1社制」などのルールがあります。

【高校生の就職活動のスケジュール】

6月 1日        公共職業安定所での求人受付開始 (※2017年よりスケジュールが早まりました)

7月 1日        求人票の開示解禁

7月~8月    【企業】学校訪問 ・【学生】職場見学

9月 5日        応募・学校推薦開始  (生徒が応募書類を作成し、学校経由で企業へ応募)

9月16日        企業での採用選考解禁(試験には面接試験、筆記試験、適性検査などがあります)

10月以降    2次応募解禁      (時期・受験可能社数は都道府県により異なります)

 

一方、高卒と大卒の就職後に目を向けると、在職期別離職率は1年目に大きく差が生じています。こちらも高校生を守り、支援するための制約が、「働く現実」との乖離を生み、ミスマッチを生んでいると推察できます。

高校生と学校や企業が就職活動の期間を通して効率的かつお互いによく知る仕組みを構築することで、ミスマッチの軽減を目指すため、高校生の就職支援と企業の採用活動支援を行う「JOBドラフト」はスタートしました。

 

【「JOBドラフト」サービス概要】

◆高校生のための就職求人サイト 「JOBドラフト」  ( https://www.job-draft.com )

会員登録:有(※会員登録は無料です。)

◆高校生のための就職情報メディア 「ドラフトカフェ」  ( https://draft-cafe.com/ )

 

【本件に関する取材の問合せ先】
株式会社人と未来グループ  広報:佐藤
〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目7-19 KDX浜松町ビル5階
TEL: 03-6821-3579 /FAX: 03-6821-3278
E-mail :pr@hitotomirai.co.jp