ジンジブ5周年のお祝いを行いました!【1年の振り返りも】

こんにちは、広報の佐藤です。2月28日(木)は、株式会社ジンジブの創業日でした。

毎年、趣向を凝らしてお祝いを行っています。

2019年の創業記念日は、ホールディングスの人と未来グループがお祝いの式典を行いました。

昨年の週年と、歴代のお祝い風景の記事は、

ジンジブ4周年のお祝いを行いました!

でも紹介していますので、宜しければご確認ください。

設立以来ずっと前のめりに、「挑戦」の日々を過ごしてきたジンジブですが、
5周年お祝いの様子と共に、この1年で変わったことを振り返ってみましょう!

朝・5周年式典を執り行いました。

東京・大阪・福岡の拠点をテレビ会議をつなぎ、5周年をお祝いする式典を開催しました。

▲メンバーにも準備を手伝ってもらいお祝いの幕を飾ります。

▲プログラムもかわいいですね!

式典が始まります。

まずは佐々木代表からのお祝いの言葉。

続けて、設立時の代表取締役 草場(現:株式会社ピーアンドエフ代表取締役)からのお祝いの言葉

同じく元取締役の星野(現:社長室代表取締役)からのお祝いの言葉です。

設立からジンジブ育ての親、二人の取締役にジンジブの新卒1期・2期生から、感謝をこめてお花を贈呈しました。

▲5周年の風船の入った花束です。

▲4年、5年分の想い出が、感極まってしまいました!

最後に、ジンジブのシンガーソングライター宮脇と倉持さんが歌詞を作ったオリジナルソングをプレゼントしました!

▲宮脇の歌声に涙ぐむメンバーも…。

コンセプトからこれまでの想い出をこめて考えてくれたそうです。

最後に記念撮影です。

「5周年」のポーズで撮影しました。東京拠点の様子です。

夕刻・ささやかな5周年パーティーを行いました!

 

美味しそうですね!

5周年はアットホームに社内パーティーですが、「10周年で盛大なパーティーをしたい」と夢が広がります。

 

ところが、月末は営業最終日でもあります。

同時にパーティーを開催していた大阪拠点が「あと少しで営業目標が達成しそう!」という情報を得て営業に出払ってしまいます。

ほどなく東京メンバーも乾杯後、営業に、仕事に、集中し始めてしまうのでした。

ジンジブらしいといえばジンジブらしい。

(おかげで大阪は目標達成できました!おめでとうございます!!)

1年を振り返って変わったこと

この1年どんな変化があったでしょうか。1人ずつ印象的な出来事はそれぞれあると思いますが、代表的なものを振り返ってみます。

1年で変わったこと① 社長が変わった!!高卒採用支援事業に集中!
ジンジブ 代表取締役 佐々木(人と未来グループ 代表取締役でもあります)

大きな変化は、ジンジブの社長が変わったことではないでしょうか。

ジンジブを設立当初から代表取締役を務め、ジンジブを育てた草場は、事業会社ピーアンドエフの社長へ。更なる成長を目指し、後任社長として10月に現副社長の森が、2019年1月からは、グループ代表でもある佐々木が就任しました。

また、設立時会社の基盤事業であった、人材紹介事業を分社化し、「株式会社社長室」が誕生しました。ジンジブ取締役の星野は現在、株式会社社長室の代表取締役に。取締役2名もジンジブから転籍し、挑戦しています。

全てはジンジブ、グループ全体の成長、「挑戦」のため。
社長であっても、担当事業会社を変えていくという事例になる人事だったように思います。

▲ピーアンドエフ 代表取締役 草場(右)/社長室 代表取締役 星野(中央)/ジンジブ 副社長 森(左)

1年で変わったこと② JOBドラフトが成長!高校生・先生がたくさん見てくれた!!

ジンジブが行う高卒採用支援事業にて、高校生の就職では、7月に求人情報が解禁され就職活動が本格始動します。

これまでの努力が積み重なり、2018年7月のJOBドラフトのユーザー数がググっと増加しました。

他にも高校の先生に「ジンジブは高校生のことを考えているサービス」とご紹介頂いたり、人事向けの勉強会ジンジブクラブの集客数が100名以上になることが増えたり、多くのメディアに取材いただいたり、多方面から応援者が増えました。

1年で変わったこと③ 初の社員旅行はセブ島!

JOBドラフトは「挑戦」事業で、黒字化が難しかったのですが、目標達成!

日ごろ頑張っているメンバーへの慰労とこれからの活力のために、2018年9月にセブ島に社員旅行に行きました。

たくさんの楽しそうな写真と、日焼けした顔をお土産に帰って来てくれましたよ~!

▲海!クルージング!プール!観光!楽しそう~。

次の5年もジンジブは「挑戦」

振り返ってみると濃い1年でしたね。

これまではサービスの立ち上げ時期で、「生みの苦しみ」でしたが、これからは次のフェーズに入っていき、新たな「挑戦」と苦しみ、そして喜びが待っています。

「18万人の高校生の未来と中小企業を輝かせる」

ことをミッションに、

「高校生就活支援 国内No1企業へ」

「高校生が自由に選べる就活文化へ」

「高校生と中小企業が直接マッチング出来る仕組みへ」

の創造にいよいよ「挑戦」します。

最後になりましたが、ジンジブとJOBドラフトを支えてくださる、多くのメンバー、パートナー様、お客様、高校の先生、記者様のおかげです。この場をお借りして感謝申し上げます。

 

ジンジブは次の5年へ向けて走り出しました。
私たち人と未来グループのメンバーもしっかりとサポートします!