“全国の店舗の販売促進の味方”リテールマーケティング事業部の相澤さんに聞く!

仕事を通じてどんな人とも関係性を築くことができるようになった

メンバーの紹介を通して、会社のこと、仕事のことを知ってもらう企画、「HITOTOMIRAIな人々・メンバーリレー」。リレー14回目は、ピーアンドエフのリテールマーケティングの相澤さんに話を伺いました!

質問者は、瓜生さんです。

相澤さんのお仕事内容や、成長したところについて聞いてきました。

相澤さんプロフィール

株式会社ピーアンドエフ リテールマーケティング事業部 営業 2016年入社

相澤さんのこれまで

新卒入社し、プレミアム事業部でECサイト販促グッズ.com担当、通信マーケティング事業部に異動、新規・ノベルティ営業を経て、現在は営業に。

相澤さんってこんな人

社内からは、「誰にでも優しくてフランクなところ」「基本に忠実で、素直!」「周りを和やかにしてくれる」という声が。

休日の過ごし方は買い物など基本アウトドアだそう。晴れている日にはお出かけしたくなるそうです。海外や、ディズニー好きでもある相澤さん。「海とヤシの木・サンセットの組み合わせは最高です!」

相澤さんのお仕事

-相澤さん、よろしくお願いします。まずは相澤さんの仕事内容について教えてください。

現在は、大手通信キャリアの店舗運営する販売代理店向けに、販促物の発注システムを提案する仕事をしています。導入して頂いている企業の折込チラシや、付随するイベントツールの手配を含む販売促進の提案・手配を行っています。システム導入時期が1年前で、ちょうど約1年担当しています。

主に東日本ですが、北は青森県から西は中国エリア内の代理店様に対して、発注システムを軸として、店頭イベントや店舗販促ツールの提案や実施のお手配をしています。全国にお客様がいるので、主に社内で電話・メールで対応をしています。

-相澤さんの仕事でのやりがいやがんばれる理由はなんですか?

もともと、プライベートも含めて、人が喜ぶようなことが好きで、それを仕事にしたくてピーアンドエフに入社しました。

私のクライアントは気軽に会いに行けるような関東圏内のお客様だけではなく、遠方にもいらっしゃるので、直接お会いしたことのない方も多くいます。お電話しかしたことがないのにも関わらず、お電話した際に明るく対応頂いたり、「ありがとう」や「相澤さんと話していると元気をもらえる」という一言や、頼りにして頂けることがとても嬉しく、「クライアントの為にもっと頑張ろう!」という気持ちになります。

-これから挑戦することについて教えてください。

まだまだクライアントの課題については、ヒアリングを通して理解できたとしても、十分満足する形には力が足りていないと思うので、クライアントにとって「痒い所に手が届く」ような存在になれるよう、提案を行えるように、経験と思考を繰り返したいと思います。

瓜生さんから質問

ピーアンドエフに入って、自分が同世代と違うなって感じたところはどこ?

-入社から3年目になって同じ年の友達と話していて、「自分が成長しているな」と感じたことなどを教えて欲しいそうです。

「どんな人とも関係性を築くことができるようになったところ」かなと思います。

学生時代の友人には、様々な職種がいますが、社会人になって、2年少しの間で、様々なチーム・案件・クライアントに対峙してきました。

私の個性や人柄が伝わりやすいのは「電話でのコミュニケーション」です。

業務上、電話連絡が多いので、基本明るいトーンで接するようにしていますが、クライアントの個性に合わせて、多少使い分けをします。程よいけれども親しみやすい距離感を保つように意識をしています。業務内容だけの電話にならない様にも心掛けています。
例えば、見積もりや制作スケジュールやデザイン提出した際に行う確認電話でも、「比較的忙しい曜日や時間帯」や「外に出ることが多くて電話での連絡ではない方がいい」など担当者さんの個人的な情報も聞くようにしています。

そうすることで、堅苦しい雰囲気ではなく、案件進行がスムーズにいっているような気がしますし、関係値を深まって、自然とお客さんの方から案件相談を頂くことも増えました。

-ありがとうございました。次のメンバーへの質問、保険マーケティング事業部の山内さんにお願いします。

ピーアンドエフに入って嬉しかった(良かった)こと・大変だったことはなんですか?

複数会社を経験してきたと伺ったことがあります。ピーアンドエフは仕事の幅や動きが多いと思うのですが、これまでの社会人経験を振り返って、嬉しかったことと大変だったことを教えて頂きたいです。

 

-相澤さん、ありがとうございました!次回もお楽しみに!